top of page
  • Ryo Ito

ハワイのアーティストにインタビュー! vol.8/キアヌ・ウィルソン(Keanu Wilson)『キアヌが描く、ハワイの自然の“美”の源泉とは?』

更新日:2023年12月20日

Interview with a Hawaiian Artist vol.8 / Keanu Wilson “What is the source of Hawaii's natural beauty in artworks that Keanu creates?”


棚にディスプレイされた、キアヌ・ウィルソンの絵画作品
イベントのためにディスプレイされたキアヌの絵画作品

今回紹介するアーティスト、キアヌ・ウィルソン(Keanu Wilson)の作品にはインスタグラムで初めて出会いました。その時に目にしたのは、エイをモチーフにつくられたピン(下写真)です。


I first encountered the work of Keanu Wilson, the artist featured here, on Instagram. At that time, I saw pins (photo below) made in the motif of a stingray.


キアヌがエイをモチーフにデザインしたピンの作品
"Hīhīmanu Pin Duos(エイのピンのデュオ)" from Instagram of Prowlanu

エイの優美な身体が無数の微細な点を表面に施した金属で表現され、不思議なきらめきを放っていました。


The stingray's graceful body was expressed using metal with countless minute dots applied to its surface, giving a mysterious sparkle.


興味が湧いて本人のインスタグラムを見ていくと絵画の作品もあるとわかりました。


I was intrigued and went to his Instagram and found that he also makes paintings.


キアヌの絵(冒頭写真)には、どの作品にもシンプルな線と落ち着いた色彩、素朴さと洗練がほどよく同居した独特の美しさがあります。また描かれているハワイの植物や動物の姿には、どこかで見て知っているかのような親しみを覚えました。


Each of Keanu's paintings (see the photo at the top of this page) has a unique beauty with simple lines, subdued colors, and the right balance of simplicity and sophistication. The Hawaiian plants and animals depicted in his paintings are familiar to me, as if I have seen them somewhere before.


どうしてもプロのアーティストになりたかった

I really wanted to become a professional.


アーティスト、キアヌ・ウィルソンのポートレイト写真
キアヌ・ウィルソン(Keanu Wilson)

キアヌは現在、ハワイ諸島最大の島・ハワイ島で暮らしていますが、彼が生まれたのはアメリカの東海岸、ニューヨークとボストンの間にあるコネチカット州です。


Keanu currently lives on Hawaii island , the largest island of the Hawaiian Islands, but he was born on the East Coast of the United States, in Connecticut, located between New York and Boston.


キアヌの名前はハワイ語で「涼しい、寒い」あるいは「気温」を意味し、アメリカ人俳優のキアヌ・リーブスに因んで名づけられたもの。ハワイ語の名前を持つ彼が、その住まいをアメリカ本土からハワイに移したことには何か運命めいたものを感じます。


Keanu's name means "cool or cold" or "temperature" in Hawaiian, and is named after the American actor Keanu Reeves. With a Hawaiian name, there is a sense of destiny in his moving his residence from the mainland to Hawaii.


成長したキアヌはハワイ大学のヒロ・キャンパス(ハワイ島)で運動生理学を学んだ後、アーティストとしての活動を始めました。iPadなどのデジタルツールを使って作品を制作するデジタルアーティストですが、アートについては独学です。


Growing up, Keanu studied Kinesiology at Hilo campus of the University of Hawaii in Hawaii Island before beginning his career as an artist. he is a digital artist who uses digital tools such as iPad to create his works, but is self-taught in art.


[ライト・マイ・ファイア」と題された、キアヌ・ウィルソンの絵画作品
"Light my Fire A(ライト・マイ・ファイア A)", an 8x10 version from Instagram of Prowlanu

そんな彼が制作を始めた当初から使っているのが“Prowlanu”というアーティストネーム。


He has been using the artist name "Prowlanu" since the beginning of his career.


「Prowlanuは作品のSNS投稿用に考えた名前で、Proは『卓越』の追求を表している。いま振り返ると最初の頃は自分を初心者だと感じていたように思うけど、心の底では『pro(プロ)になる』というチャレンジを受け入れることに夢中でもあった。たとえ“完璧さ”が幻想だとしても、僕たちは皆、偉大であることを目指して努力するものでしょ?」


"In the early days of my artistic journey, it was the alter ego under which I posted my creations on social media. Prowlanu = "PRO-Lanu," where the "PRO" resonates with that relentless pursuit of excellence. Back then, I might have felt like a bit of a newbie, but deep down, I was all about embracing the challenge of becoming a pro. We've all been there, right? Striving for greatness, even if perfection is a mirage."


この言葉の通り、持ち前の才能を努力で磨き続けた結果、キアヌの作品は次第に認められるように。ハワイの企業やブランドとのコラボレーションとしても実を結びます。2023年には初となる個展をハワイ・オアフ島で開催、大盛況となりました。


As a result of his efforts to hone his natural talent, Keanu's work has gradually gained recognition. It also bears fruit as collaborations with Hawaiian companies and brands. In 2023, Keanu held his first solo exhibition in Oahu, Hawaii, which was a great success.



本物のハワイの動植物を描きたい

I want to draw only authentic Hawaiian flora and fauna.


「風の中のラウナエ」と題された、アーティスト、キアヌ・ウィルソンの作品
"Lauaʻe in the wind(風の中のラウナエ)" from Instagram of Prowlanu

大学進学をきっかけに移り住んだハワイでキアヌは、ハワイに古くから自生している植物やハワイ固有の動物たちに出合い、魅せられていったといいます。


Keanu moved to Hawaii when he went to university, where he encountered and became fascinated by Hawaii's native plants and animals.


「もともとハワイに息づいている動植物の“本物の姿”を描こうとして制作に取り組んでいるんだ。いわゆる“南国のアート”にはヤシの木やモンステラといったモチーフが選ばれることが多いけれど、ヤシもモンステラも、もともとハワイにあった植物ではなく、それ以外の土地から持ち込まれた外来種だよね。それに対して、僕がスポットライトを当てるハワイの植物たちは一般的なものではないし、ハワイ独自というだけでなく、希少な種も多いんだよ」


"I illustrate Native Hawaiian flora and fauna as a conscious effort to provide authentic portrayals of the indigenous species inhabiting Hawaiʻi. In the realm of tropical art, we frequently encounter depictions of coconut trees, monstera, and other introduced species. However, the species I choose to spotlight are not only extraordinary and unique but also often rare."


「自分の作品を通して、それらの注目すべき生き物たちへの注目を集めたいし、生態系の中での重要性について(皆の)意識を高め、しっかり伝えていきたいと思っているんだ」


"Through my artwork, I aim to cast a spotlight on these remarkable beings, fostering awareness and shining a light on their significance in our ecosystem."


環境保護の取り組みはいまや世界各地で行われていますが、素晴らしい大自然に抱かれているハワイは、とりわけ環境への意識が高い土地です。そんなハワイに暮らし、その自然をモチーフに作品を生み出しているキアヌがこのような情熱をいだくのは当然の成り行きかもしれません。


Environmental protection efforts are taking place all over the world, but Hawaii, with its spectacular natural environment, is a particularly environmentally conscious place. It is only natural that Keanu, who lives in Hawaii and uses its natural environment as a motif in his artwork, should have such a passion for the natural environment.


自然のピュアな美しさをミニマルに表現

Keanu's minimalistic expression of the pure beauty of nature


「パウカア、ハワイ」と題された、キアヌ・ウィルソンの作品
"Paukaa, Hawaii(パウカア、ハワイ)" from Instagram of Prowlanu

キアヌがハワイの植物や動物たちの“本物の姿”をどのようにして描き出しているのか、そのプロセスについて訊くと、こんな答えが返ってきました。


When I asked Keanu about his process of creating "authentic images" of Hawaiian flora and fauna, he answered as below.


「まずはモチーフの重要性についてしっかりと考え、検討を重ねることで、なぜ、それが特別であり、他と違っているのかを解き明かすんだ。その後、そのモチーフを基本的な形状と色彩に一旦分解し、主題への誠実さを守りながら、僕ならではの視点で再構築しているんだよ」


"Examining the significance of these motifs and unraveling what makes them special and distinctive is my approach. I dissect the motif into fundamental shapes and colors, reconstructing it through my unique point of view while staying true to the subject."


確かに、彼が描きだすフォルムは単純化されたもので、色遣いについても一か所に一色しか使わないというスタイルです。さらに彩色には、いわゆるアースカラーを多用しています。


Indeed, the forms he creates are simplified, and he uses only one color in one place. In addition, he uses many earth tone and neutral colors in his paintings.


「これらは僕が今まさに魅かれている色やトーンで、現在、自分の周囲にあるものの反映だろうと思う。熱帯の植物など、さまざまな自然の要素に満ちあふれた田舎に住んでいる僕は、自然そのものによってつくり出されたこれらの色彩に固有の美を見出しているんだ。そして、こういった自然の素晴らしさこそが、僕のアーティスティックな試みの中に取り込まれるインスピレーションのもとになっているんだよ」


"These are the hues and tones I'm presently drawn to, perhaps mirroring my surroundings. Residing in a rural locale teeming with tropical plants and natural elements, I find the inherent beauty in these colors, crafted by nature itself. It's the allure of these natural elements that inspires their incorporation into my artistic endeavors."


ハラの木の前で手に持たれた、キアヌ・ウィルソンの作品「パイア ハラ」
"Paia Hala(パイア ハラ)" from Instagram of Prowlanu

"Paia Hala" from Instagram of Prowlanu


キアヌが暮らしているハワイ島東海岸のプナ地区は、ハワイを代表する火山のひとつ、キラウエア山から海に向かってダイナミックな自然が広がっているエリア。荒々しい漆黒の溶岩大地や手つかずのジャングルなどが数多く見られる場所です。それらの豊かな自然がアーティスト、キアヌの創作意欲を大いに刺激しているようです。


The Puna district on the east coast of Hawaii Island, where Keanu lives, is an area of dynamic nature stretching from Mount Kilauea, one of Hawaii's most famous volcanoes, to the ocean. It is a place where one can see many wild, jet-black lava lands and untouched jungles. The abundance of nature seems to have greatly inspires artist Keanu's creativity.


作品の中の太陽と月に託した想い

Keanu's thoughts entrusted to the sun and moon in his works


「イリアヒ」と題された、アーティスト、キアヌ・ウィルソンの作品
"ʻIliahi(イリアヒ)" from Instagram of Prowlanu

もうひとつ、キアヌの絵画作品に特徴的なのが、草花や鳥たちとともに、太陽や月がしばしば描かれることです。


Another characteristic of Keanu's paintings is that the sun and moon are often depicted along with flowers and birds.


「太陽と月を作品中に組み込むことは、僕のアートスタイルの特色となっている。作品中に在る僕の個人的な本質に正直でありながら、作品の内部へと(見る人)の注目を集めるために描いているんだよ」


"Incorporating sunmoons into my artwork has evolved into a distinctive hallmark of my artistic style. I employ them to capture attention within a piece while staying true to my personal essence in my prints."


「それぞれは太陽と月のどちらにも解釈できる。僕は愛情をこめて、それらを“僕のサンムーン(sunmoons)”と呼んでいるんだ」


"Each instance can be interpreted as either a sun or a moon, leading me to affectionately refer to them as my "sunmoons."



「レフア・ドリームス」と題された、アーティスト、キアヌ・ウィルソンの作品
"Lehua Dreams(レフア・ドリームス)" from Instagram of Prowlanu

キアヌ自身を表すものでもある“サンムーン”はハワイの自然物に静かに寄り添い、見つめ、照らし出すように描かれています。“サンムーン”は彼の作品を味わう上で大切な鍵となるものなのではないかと感じています。


The "sunmoon" which may also represents Keanu himself, is depicted as if it were quietly perched on a natural Hawaiian object, gazing at it, illuminating it. I feel that the "sun- moon" is the key to the appreciation of Keanu's works.


インタビューの最後に。

とどまることのない創作へのチャレンジ

His never-ending creative challenge


「エカハ・ブレイル」と題された、アーティスト、キアヌ・ウィルソンの作品
"ʻĒkaha Braile(エカハ・ブレイル)" from website of Prowlanu

最後に、キアヌが個人的に気に入っているという『ʻĒkaha Braile(エカハ・ブレイル)』という作品(上写真)についてご紹介しましょう。


Finally, I would like to introduce a work called ʻĒkaha Braile (pictured above), which Keanu says is a personal favorite of his.


ʻĒkahaは、日本語で「シマオオタニワタリ」、英語ではbird's nest fern(鳥の巣のシダ)と呼ばれるシダで、絵のモチーフとなったハワイの植物の名前です。


ʻĒkaha is the name of the Hawaiian plant that was the motif for the painting, a fern called "shima-ootani-watari" in Japanese and "bird's nest fern" in English.


Braileは英語で「点字」を意味し、その名の通り、シダの上に見える粒が点字となっています。


Braile means "Ten-ji" in Japanese, and as this word implies, the grains you see on the fern are Braille.


このユニークな作品の制作意図についてキアヌは次のように話してくれました。


Keanu told me about his intentions for this unique work of art as below.


「一般的にアートは目で見るものとされているけど、その本質は視覚以上の認識にまで及ぶものだと思う。アートには、人間のすべての感覚を通して体験され、愛されるだけのパワーがあるんだ。「点字」はこの作品のビジュアル上の魅力を高めているだけでなく、“包括性”というコンセプトに貢献し、アートが単なる視覚的な観察という境界を超えるものであることを強く示しているんだよ」


"Incorporating braille into my artwork, particularly in the "ʻēkaha Braille" piece, introduces a layer of representation. While it's commonly asserted that art is primarily visual, its essence extends beyond that perception. Art has the power to be experienced and cherished through all the senses. The integration of braille not only enhances the visual appeal of the piece but also contributes to the concept of inclusion, emphasizing that art transcends the boundaries of mere visual observation."


絵画にとどまらず、バンダナやパレオといったアパレルやピンなどのクラフト作品も発表しているキアヌ。


In addition to paintings, Keanu also creates apparel works such as bandanas, pareos, bags and craft works such as pins.


手で持たれた、アーティスト、キアヌ・ウィルソンがデザインした買い物バッグ
A market bag(買い物バッグ) designed by Prowlanu

「今、僕は、自身初となる『塗り絵絵本』の制作に取り組んでいるところなんだ。この絵本にはこれまでの数年間の作品の中から特に選りすぐりのものを掲載し、この本のために心を込めて制作した新作も入れる予定だよ」


"I am presently immersed in the process of crafting my first self-published coloring book. This compilation will feature a curated selection of my artistic endeavors from over the years, accompanied by a collection of new pieces meticulously crafted for this particular project."


この塗り絵絵本はより年齢の若い子供たちがキアヌの作品に触れる良いきっかけになることでしょう。また読者たちは塗り絵の作業を通じてキアヌのアートに参加し、読者とキアヌとの共同作業によって新たなアート作品が生まれることになるはずです。


This coloring book will be a good introduction to Keanu's work for younger children. Readers will also be able to participate in Keanu's art through the process of coloring, and new works of art will be created through the collaboration between readers and Keanu.


今後、彼のアートが、さらにどのような広がりと進化を見せてくれることになるのか、楽しみで仕方がありません。


I can't wait to see how his art will further expand and evolve in the future.


==================

◆Artist's information◆


・ website(online shop)


・Instagram

==================































































閲覧数:47回0件のコメント
bottom of page